カジノとツーリズムの関係性とは?

バケーションに出ると、人は運を試したくなるものです。考えるまでもないことです。ですから、カジノとツーリズムの2つを関係づけることはさほど難しくありません。観光収入を押し上げるために、多くの国々がカジノを開発しているのは、これが理由でしょう。

ですが、理由はそれだけにとどまりません。ギャンブル産業は、その国の観光開発を大いに助けることができるから、という理由もあります。バケーション中のギャンブル人気は、成長の一途をたどっています。そんな中、カジノツーリズムも、日々成長しています。そこで今回は、カジノの拠点となっている国の経済に対して、カジノツーリズムがどのように影響を及ぼしているのかを見てみましょう。

 

既存カジノが示す証拠 – ツーリズムとの関係性

賭博やカジノで最も名を知られる都市や国があることは、珍しくありません。その最も有名な例がラスベガスです。「罪の都市」と呼ばれるラスベガスには、他の呼び物もありますが、いちばん注目を浴びてきたこの街の名所は、当然ながらギャンブルです。2019年には、4,250万人がラスベガスを訪れました。この数字を見れば、ラスベガスが世界中でどれほどの人気を誇っているのかがよく分かるでしょう。

けれども、いつもそうであるように、西の巨人には東の強豪が存在します。そう、マカオです。中国の行政区であるこの都市も、ギャンブル施設でその名を知られています。その知名度は実際に凄まじく、2010年には、賭博収入世界1位の座でベガスをしのぐほどでした。マカオにハイローラー(高額を賭けるプレイヤー)を呼び寄せたのは、ずばりVIP設備です。マカオのカジノは富裕層プレイヤーに客層ターゲットを絞り、それが功を奏しました。2013年には、マカオのカジノ総利益のうち66%はハイローラーから得られたものでした。ただし、中国政府とのトラブルが起こって以降、マカオのカジノは一般市民にも浸透し始め、今では客層は均一になっています。

カジノが関連業界に与える影響とは

カジノは観光客を呼び込みますが、ゲストはただギャンブルだけをしにやってくるのではありません。カジノ到着後に、観光客は宿泊し、食事をし、他の種類のエンターテイメントももちろん楽しみます。中でも、カジノによる恩恵を受ける可能性が高いのは、ホスピタリティ産業です。カジノがある場所には、それがどこであろうとリゾートやレストランが併設されています。このようにして、カジノとその他の関連企業は、共に協力し合いながら成長し、世界的企業へと成長していくのです。

世界トップクラスのシェフの多くが、カジノ内やその近くにレストランを開いています。ラスベガスにある、ゴードン・ラムゼイの「ヘルズ・キッチン」などがその例です。外国人観光客は、異国を訪れるとその地元料理を求めます。そのため、その国ならではの名物料理レストランが人気を集めます。

さらに、エンターテイメント業界も、同じ地域内にあるカジノから恩恵を得ます。人はギャンブルから、外出や盛り上がることを連想するものです。ギャンブル以外の他のエンターテイメントにも需要があるので、例えばコンサートなどを開催すれば、間違いなく大勢の集客が見込めるでしょう。

外国人労働者の増加

オーストラリアのカジノツーリズムは、マカオのカジノ腐敗問題後、急速に発展しました。それにより、中国のハイローラーの多くがギャンブルを楽しむための行先として、マカオからオーストラリアに切り替えるようになったのです。当然ながら、北京語を話す大物プレイヤーは、中国語が通じる従業員を必要とします。海外からオーストラリアへの新規労働者が多数やってきたのはこの時でした。

言葉の通じる、あるいは故郷を同じくするディーラーがいることで、中国人プレイヤーたちは、より安心してギャンブルができるようになりました。こうした快適な時間の演出は言うまでもなく、富裕層プレイヤーの再訪や口コミが広まり、急速な発展へとつながっていったのです。

まとめ

高級カジノは、世界のどこで作られようと、観光客誘致の可能性をもたらします。けれども、カジノがその地域唯一の観光名所になるとは決して限りません。 ギャンブル産業は景気を刺激するものですが、他の事業と連携することで、より高い水準で国の活性化に役立てることができるのです。